女の子らしくあるために

美しい女性
私には仲のいい父がいるのですが、そのような父は女にシビアな人でした。

厳格と言うか「女としての在り方」にはすごくシビアなのでした。

転勤が多く、単身赴任であまり居宅にいない父ですが、たまに長期休みを取って住宅に帰って来ます。

その度に父が大好きな私は構ってもらっていました。

けれども昔から父は「女は女子らしくあれ」と口うるさく言ってきました。

女子としての嗜みや外見には厳しくて、そうした事を押し付けてくるところがあります。

そのような父に必要ない毛の事で口出された事例はやはりにムッとしましたね。

私は誰に似たのは必要ない毛が毛深くってそれを密かに気にしていたのです。

気にしているけど気にしないように目を反らしていました。

でもあるケースに父に必要ない毛の事をキッパリと言われました。

私はそのケーススカートを履いていて、でも足の毛は処理せずに放りっぱなしでした。

毛深いくせに必要ない毛の処理を怠っていたのです。

それを見た父に「乙女なんだから少女らしくありなさい」と説教されました。

この事で喧嘩になったのです。

父は私と喧嘩してちょっと悲しそうでした。

父が単身赴任先に帰った後に父が大好きな私はかなり悔やみしました。

その上脱毛に行こうと思ったのです。

父が乙女らしさを強要するところは前から気になっているところですが、父にも父なりの考慮しが合るんだと考えます。

だから小さい頃からの父の教えの元、脱毛に行きました。

現在は必要ない毛がほぼないくらいまでになっていて、どういったきっかけにしろ脱毛に行けて良かったと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 脱毛ローンと自動車保険 2017
Shale theme by Siteturner